>トピックス>ゴミ屋敷を綺麗にするならプロの掃除業者に任せよう!

理由が分かれば再びゴミ屋敷になるのを防げる

ゴミ屋敷が誕生してしまう原因や理由を突き止めることで、綺麗にしたあとの再発を防ぐことにもつながります。まずは、原因を探っていきましょう。

ゴミ屋敷になってしまう主な理由とは?

粗大ごみ

片づけが嫌い

基本的な理由です。片付けるという作業が嫌い、苦手な人はゴミ屋敷になりやすいです。

すべているものと思い込んでしまう

明らかなゴミでも、いつか使うかも、思い出がある、などの理由ですべてがいるものと思い込んでしまうことで、ゴミが増えてしまいます。

汚い部屋に慣れてしまう

最初のうちは嫌でも、汚い部屋に慣れてしまうと、ゴミがあることが気にならなくなり、ゴミが溜まるようになります。

自炊をしない

普段自炊をしない人は、コンビニ弁当のゴミなどが増えます。そして、それがかさばって、ゴミの量が増えてしまいます。

掃除道具がない

ゴミ袋や洗剤、ぞうきんなど、基本の掃除用具がないため、億劫で掃除を先延ばしにしてしまうようになります。

ゴミ屋敷に住むと様々な危険にさらされてしまう

ゴミ屋敷に長年住んでいると、害虫や害獣が増え、部屋が菌で汚染されてしまう可能性もあります。そうすると、皮膚がんや気管支の病気などになってしまう危険性も考えられますから、すぐに業者に頼んで掃除をしてもらいましょう。

ゴミ屋敷を綺麗にするならプロの掃除業者に任せよう!

粗大ごみ

ゴミ屋敷は周辺住民とトラブルのもとになる

ゴミ屋敷が原因で害虫、害獣問題や、悪臭問題などが発生すると、それが近隣住民とのトラブルを生み出すことが考えられます。場合によっては、健康が害されたとして、提訴されてしまう危険性もありますので注意が必要です。

清掃用品

健康被害を及ぼしてしまうことも

例えば、ゴミ屋敷にはネズミが住み着くことが多くあります。ネズミは、糞尿による悪臭、それによる建物の劣化などを引き起こします。また、ネズミは様々な雑菌を持っているので、下手に触るとそれが感染して皮膚炎などを発症する恐れがあります。

ゴミ箱

ゴミ屋敷は火事のリスクが高まる

さらに、ゴミ屋敷は基本的にものが溢れているので、たばこの不始末など小さな火種でも、ものに燃え移りやすく火事のリスクが通常よりも格段に高まります。また、ものが家の外まで溢れている場合、近隣住民への被害も考えると、大変危険です。こういうときこそ、清掃業者の存在が力となるのです。

専門業者に掃除を依頼してゴミ屋敷が原因となる危険を回避しよう

ゴミ屋敷だと自分で認識、または指摘された場合にはすぐに業者へ連絡して掃除をしてもらいましょう。一日も早く綺麗にすることで、健康を保ち、トラブルを防ぐことにもつながります。

広告募集中